スポンサーリンク


内地からお客様に沖縄の文化伝統の接待は何処が良いか、某メーカーの沖縄支店長に相談したところ、琉球料理 首里天楼(すいてんろう)を紹介頂きました。
早速3階絵巻の大広間、後方の一段高くなった席の最前列を予約しました。

 

 

 

 

 

 

足に負担をかけずゆったり座りながら、ステージもよく見えます。
3階は琉球王国の歴史を描いた大絵巻「平成大琉球繪巻」と「龍潭重陽宴圖」に囲まれた大広間で、前方舞台では毎晩沖縄の伝統芸能・琉球舞踊が観覧でき、沖縄の文化を十分満喫してもらい、良かったです。

地下1階から地上3階まで、余す所なく「琉球の歴史と文化」が表現された店内は、 琉球と和の食を融合させた新・「和琉」会席で、匠の技を堪能できます。

国際通りには様々な琉球料理店がありますが、一度は行ってもらいたいお店です。
<首里天楼とは>
むかし、琉球国を支配した首里王朝は、敬意を込めて首里天加那志(すいてんがなし)と呼ばれていました。

1406年に尚巴志が開いた首里王朝は、1879年の琉球処分までの470年*余りに渡って琉球全土を支配していました。首里王朝は江戸幕府よりなんと200年も永く繁栄し、「万国津梁(ばんこくしんりょう=世界の架け橋)」の言葉を掲げて、さかんに世界へこぎ出していく貿易国家でした。
この時代は様々な外国文化を取り入れ、琉球独自の芸術や文化や精神性が生み出された時代でもあり、現代の沖縄にも大きな影響を与えています。
日本史では習わない、琉球という独立国の歴史と文化を伝えるために首里天楼は誕生しました。
王朝時代から今に伝わる食を舌で味わい、店内で見るもの、聞くもの、触れるものから琉球王国の歴史と文化を感じていただけるように。
琉球に少しでも興味を持たれたら、ぜひ首里天楼へお越しくださいませ。(首里天楼HP引用)

首里天楼
首里天楼
ジャンル:国際通りの沖縄料理
アクセス:ゆいレール牧志駅 徒歩9分
那覇空港 車15分
住所:〒900-0013 沖縄県那覇市牧志1-3-60(地図
周辺のお店のネット予約:
えん沖縄のコース一覧
「和民」 久茂地店のコース一覧
生ラムジンギスカン 羊やのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 那覇×沖縄料理
情報掲載日:2017年4月29日

********************************************************************
首里天楼
住所:沖縄県那覇市牧志1-3-60
モノレール美栄橋駅より徒歩5分。ドン・キホーテA近く。
電話:098-863-4091
営業時間:月~日、祝日、祝前日: 11:00~23:00
定休日:なし
平均予算:ランチタイム900円~、ディナータイム3000円~
クレジットカード:VISA、マスター、UC、アメックス、DC、DINERS、JCB、NC、UFJ
料金備考:Edy・waon可、銀聯可、お通し代300円、舞踊&LIVEチャージ料800円

********************************************************************

スポンサーリンク