とうとうこの日がやってきたか……!

二宮和也と元フリーアナウンサーIさんの結婚発表だ。
思い返せば、’14年に『vs嵐』で共演したことで急接近し、’16年に交際をスクープされてからというもの、決して平坦とは言えない恋路を歩んできた──。すべて綾子のせいである。

ブログに投稿した写真のなかに嵐のCDを写り込ませていたり、二宮が映画のクランクアップでもらった花束を花瓶にさして、またブログにアップするといった、
数々の“匂わせ”行為が交際発覚とともに一気に拡散。歴代のジャニーズ彼女のなかでもアンチの多さが屈指の存在に。
“ 匂わせ行動”がブログにまとめられ随時更新されるほど執拗なマークを受けてきた。

活動休止まで発表は待てなかったか

そんなふたりがついに結婚だ。
ツイッターで『ニノ 結婚』と検索してみたところ、広がっていたのは驚き、悲しみ・叫びの阿鼻叫喚の様相。邪気、半端ないって。

恐ろしいのは、今後さらに増幅するであろう“恨み節のはけ口”がちゃんと存在していることである。
嵐の5人は11月3日にグループ名義でインスタ、ツイッター、フェイスブックなど5つのSNSを解禁したばかり。
各SNSの“コメント欄”も開放されており、メンバー5人で行なった“インスタライブ”ではリアルタイムで流れるコメントに反応する一幕もあった。
かたやIさんは芸能界引退も発表し、もちろんブログも閉鎖でNO SNSライフ。となれば今後、嵐のSNSが大炎上するという未来も十分考えられそうだ。
というか、すでに二宮のウィキペディアは名前の欄が《伊藤綾子と結婚とかマジクソ和也》と書き換えられている。

嵐は’20年のグループ活動休止を発表しているが、なぜそれまで結婚を待てなかったのだろうか。
私はその理由については知る由もないが、『週刊文春』(’18年11月29日号)に《『匂わせ行為』で二宮ファンから嫌われているものの、二宮は妊活も考えて早めに結婚したい、と周囲に切り出している。
ところが嵐メンバーからはイマイチ賛成されていないんです》とあるだけに、なんだか色々とややこしい話し合いがあった末に今日があるということくらいは察しがつく。

彼女が妊娠したわけでもないのに強行突破ともとれる行動に出たきっかけのひとつと思われるのが、今年の5月26日に行なわれたイベントだ。

Iさんに興味のない“ゲーマー”たち

その日、千葉・幕張メッセで開催されたのは、ゲームイベント『ガンホーフェスティバル2019』。
嵐がCMを務めるゲームアプリ『パズル&ドラゴンズ』の大会が行われていたスペシャルステージになんと二宮がサプライズ登場。
パズドラ愛を語ったうえで、超絶プレイまで披露したのだという。

以下に、当日の熱狂ぶりについてのツイートを抜粋したいと思う。

《二宮先生、慢心せずにツクヨミで確実に10コンボ決めに行く姿勢がマジリスペクトって感じだった》

《二宮くんゼラキティガチパだしパズル上手いし見事に無効貫通も決めてて、うんなんかめっちゃ良かった(語彙力》

まるでなんのことだかわからない。

とりあえずゲーマーとして知られる二宮が、その実力を崇められているということだけはわかる。
これまでも自身のラジオ番組でたびたび『パズドラ』について語り、ファンを置き去りにしてきたことはあった。

しかし、今回特筆すべきはこのイベントについて大手メディアがその様子を全く報じることなかったのに加え、嵐ファンが押し寄せる混乱をさけてか、事前告知は一切なかったという点。

つまり、当日の様子を知るのは日本一のアイドルグループ・嵐とほぼ無縁の“ガチゲーマー”たちだけだったのだ。

単に二宮が《見事に無効貫通を決めた》ことを報じる意義がなかっただけなのかもしれないが、そこに純然として立ちのぼってくるのは、“アイドルではなくゲーマーとして活動する”二宮和也の姿である。
しかも、現場を大いに沸かせることに成功したわけだ。

’20年になればコンサートやツアーもなくなるなか、SNSを解禁で高まってきているのは《二宮はYouTuberとしてゲーム実況者になるのでは?》(しらべぇ)という説。
活動休止を待たずしての結婚発表は、“女性ファンに人気を依存する”アイドル以外の活路を見出したからなのかもしれない。

いくら嵐ファンに叩かれようが『美人な奥さんのいるゲーマー』としての彼を受け入れてくれる場所が、そこにはある。

 

引用元:週刊女性PRIME
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191112-00016524-jprime-ent